「雪の華」の日本と韓国の歌詞を紹介します。

最初は日本のオリジナルの歌詞です。

日本語オリジナル

雪の華
作詞:Satomi
作曲:松本良喜

yukinohana1

yukinohana2

韓国語版(눈의 꽃 歌:박효신 )

어느새 길어진 그림자를 따라서

땅거미진 어둠속을 그대와 걷고 있네요

손을 마주잡고 그언제까지라도

함께있는 것 만으로 눈물이 나는걸요

바람이 차가워지는 만큼

겨울은 가까워 오네요

조금씩 이거리 그위로

그대를 보내야했던 계절이 오네요

지금 올해의 첫 눈꽃을 바라보며

함께 있는 이순간에

내모든걸 당신께 주고싶어

이런 가슴에 그댈 안아요

약하기만 한 내가 아니에요

이렇게 그댈 사랑하는데

그저 내맘이 이럴뿐인거죠

그대곁이라면또 어떤일이라도

할수있을것만 같아 그런 기분이 드네요

오늘이 지나고 또 언제까지라도

우리 사랑영원하길 기도 하고있어요

바람이 나의 창을 흔들고

어두운 밤마저 깨우면

그대 아픈 기억마저도

내가 다 지워줄께요

환한 그 미소로

끝없이 내리는 새하얀 눈꽃들로

우리 걷던 이 거리가

어느새 변한 것도 모르는체

환한 빛으로 물들어가요

누군갈 위해 난 살아갔나요

무엇이든 다 해주고 싶은

이런게 사랑인줄 배웠어요

혹시 그대있는 곳 어딘지 알았다면

겨울밤 별이 되 그대를 비쳤을텐데

어떤 날도 눈물에 젖어던 슬픈밤에도

언제나 그 언제나 곁에 있을께요

지금 올해의 첫 눈꽃을 바라보며

함께 있는 이순간에

내모든걸 당신께 주고싶어

이런 가슴을 그댈 안아요

울지 말아요 나를 바라봐요

그저 그대의 곁에서

함께있고 싶은 맘 뿐이라고

다신 그댈 놓치 않을께요

끝없이 내리며 우릴 감싸온

거리 가득한 눈꽃속에서

그대와 내가슴에 조금씩

작은 추억을 그리네요

영원이 내곁에 그대 머물러

韓国語版のGoogle翻訳

いつの間にか伸びた影をこのように

夕闇れた暗闇の中を君と歩いていますね

手を取り合って、そのいつまでも

一緒にいるだけで涙が出るんだよ

風が冷たくなるほど

冬は近づいてきますね

少しずつこれリーその上

君を送信していた季節が来ますね

今、今年の最初の雪の華を見て

一緒にいるこの瞬間に

僕のすべてをあなたに与えたいと思う

この胸に君をアンアヨ

弱いだけな私ではない

このように君を愛しているのに

ただ私の心がこのようなだけでしょう

あなたのそばであれば、またどんなことでも

よさそうだけみたいそんな気がしますね

今日が過ぎて、またいつまでも

私たちの愛永遠たい祈っています

風が私の窓を振って

暗い夜さえ覚ます

君痛い記憶さえも

私はすべての消してあげるよ

明るいその笑顔に

果てしなく降る真っ白な雪の花たちに

私たち歩いていたが距離が

いつの間にか変わったことも知らないふり

明るい光に染まってますか

誰かをため、私は生きて行きましたか

何でもしてあげたい

こんな愛だと学びました

もし君のところどこか知っ??ていたら

冬の夜の星になって君を映ったはずなのに

どんな時も涙に濡れた悲しい夜も

いつもそのいつもそばにいるよ

今、今年の最初の雪の華を見て

一緒にいるこの瞬間に

僕のすべてをあなたに与えたいと思う

このような胸を君アンアヨ

泣かない私を見見

ただ君のそばで

一緒にいたい気持ちだけだと

二度と君を逃しませんよ

延々と下り私たち包まきた

距離満載雪花の中で

君と私の胸に少しずつ

小さな思い出を描くよね

永遠に私のそばに君とどまっ

日本語の曲を韓国語等の多言語に翻訳する場合、イメージを壊さないためにかなり違う翻訳になる場合が多いです。

しかし、この「雪の華」に関しては、かなりオリジナルに忠実に翻訳しているように思います。

それだけ、日本のオリジナルの歌詞を大切にしたいからだと考えています。

satomiさんは、性別も年齢も不明な作詞屋さんだそうですが、世界に評価される歌詞を書く素晴らしいアーティストですね。